工事費を積算する業者

塗装の価格の見積もり時に、個別にと総面積を測定して積算すると、とても手間がかかって、積算する人によっては誤差が出たりすることがあるんですね。

 

建物の大きさに退避して、
塗装工事ひ=建物延べ床面積平米×塗装単価 円/平米
で算定すると、簡単に計算できるのですが、実際の作業量との誤差が大きくなっていることがあります。

 

わかりやすさや、簡便さを優先してこういった積算価格が表示されることもあります。

 

ぎょうさyにとっては、実際の明細を把握して、現下の中身を正しく知るべきなんでしょうね。

 

どんぶり勘定で見積もっていると、他の業者と単純に総額を比較して高い安いを比較されてしまう点もあります。

 

そうなると、後日、あの業者は高い、という評判を植え付けられて、10年後のリピート見込みもできず、近所や親戚にも伝わったりしますからね。

 


関連ページ

家の壁や屋根の塗装の相場を自分でやると時間とストレスだけがたまる
一軒家の壁や屋根を塗装する時期になって、地元の塗装業者の相場を知るために、自分で業者を訪問して見積書をもらうことにすると、時間とストレスだけがたまってしまいます。外壁・屋根塗装を安く、ストレスなくするにはネットでの見積もりを利用するのがベストです。