外壁塗装の流れ記事一覧

仮設足組み・飛散防止シートを張る1日目まずは足場専門の職人が安全な足場を組みます。通常は、足場を組み立てる前に、近隣へのあいさつを業者さんが行って、工事スケジュールを説明してくれます。高圧洗浄をする2日目" />塗装するところや駐車場、側溝まで綺麗にします。高圧洗浄機でホコリやカビを洗い落とします。カビなどのしつこい汚れは、表面が綺麗でも下地に根が貼っているので、洗剤を入れた倍を洗浄などで根をはっ...

作業の準備戸建住宅の外壁塗装や屋根塗装は、工事の最中もその場に生活していますよね。だから、業者のほうもできるだけ短い工期での作業をするようにしています。効率よく作業を進めるためにしっかりとした事前準備をしているんですね。塗装仕様の確認戸建住宅には、小さい塗装部部でも、軒天、破風、バルコにの手すり、物干し、物置、老化の激しい雨樋などがあります。材木屋石材、プラスチック類等が使われていて、塗装するより...

外壁の塗装は、美しさを確保することはもちろんなんですが、紫外線や風雨からの保護という目的を達成しなくてはいけないんですね。そのためには、液状お塗料を指定された仕様で塗布して、適切な条件のもとで硬化させなくてはいけないので、注意点がいくつかあります。塗布量の管理設計された塗膜の性能を発揮させるために、第一に所定の塗膜の厚さを確保する必要があるんです。外壁塗装の場合は、多様な部位、部材で構成されている...

塗装作業が終了して、ほぼ乾燥した時点で、立ち合いを求められて仕上がりの確認を行うことになります。工事完了後に苦情を受けた場合、支払いトラブルが発生したりする原因になるんですね。塗装業者からしてみれば、手直し工事のためにつぎの現場の工程に穴を開けて無駄な作業をすることになって、次のお客さんにも迷惑をかけることになってしまうんです。外壁塗装・屋根塗装のような小規模工事でもけじめをつけることは、後日、こ...

塗装は液状のものを薄い膜にして、短時間で固まらせる必要があります。様々な科学的、物理的な反応が応用されています。硬化する温度によって分類すると、高温で硬化する塗料と常温で硬化する塗料があります。高温で硬化させる塗料には、熱硬化型アクリル樹脂塗料 シリコン樹脂塗料 フッ素樹脂塗料などがあります。用途は、工場で量産される自動車や家電製品の比率が高くて、建築系では金属サイディング材等の仕上げに使われてい...