補修記事一覧

シーリング材とは、外壁塗装の場合で利用するのは、防水性や気密性を保つために、継ぎ目や隙間に充?(じゅうてん)する材料のことです。形としては、コーキング材などペースト状の不定形シーリング材合成ゴムを成形してはめ込む定形シーリング材があります。日本の住宅の屋根の主流は瓦葺き(かわらぶき)屋根です。この瓦葺き屋根について、例えば、レンガ・鬼瓦・軒先瓦などの取り付け部分は、昔から漆喰(しっくい)によって、...

家の外壁がチョーキングという状態になるということは、ポリマーが劣化して、分子の鎖が切断されて分解して粉化して、閉じ込められていた顔料が遊離することになります。その結果、塗膜の表面を撫でるとチョーク(白墨)のような粉が付着するようになります。外壁塗装でチョーキングとは、この粉化の現象の事を言います。塗料の耐候性がポイント耐候性は、これらの劣化現象の発生状態を評価することになりますが、一般的な気象条件...