シーリング材は外壁塗装の補修にとても大事な役割を果たしている

シーリング材とは、外壁塗装の場合で利用するのは、防水性や気密性を保つために、継ぎ目や隙間に充?(じゅうてん)する材料のことです。

 

シーリング材を使った補修の現場

 

形としては、

  • コーキング材などペースト状の不定形シーリング材
  • 合成ゴムを成形してはめ込む定形シーリング材

があります。

 

日本の住宅の屋根の主流は瓦葺き(かわらぶき)屋根です。

 

この瓦葺き屋根について、例えば、レンガ・鬼瓦・軒先瓦などの取り付け部分は、昔から漆喰(しっくい)によって、建物の内へ雨水が浸入するのを防ぐ施工方法として雨仕舞いされてきました。

 

この漆喰は、消石灰にふのり等の粘着する材料と麻や紙などの繊維を混ぜた伝統的な材料です。

 

戦後、様々な化学物質が開発されて、雨仕舞いには、現在のようなシーリング材が使われるようになりました。

 

外壁についても、今までは湿式工法での仕上げが行われていましたが、現場工数の削減や品質の安定化を図るために、乾式工法による仕上げが多くなりました。

 

これらの工法では、各種サイディングパネル等の隙間に貼るシールや、目地部の雨仕舞を行うためにシーリング材が使われていて、部材に密着して、収縮、膨張に形を変えて水密性を発揮させるようにされています。
外壁の塗装が劣化する現象と同じように、こういったシーリング材も経年劣化によって、汚れや、退色と同じように硬化が進んで、だいたい10年程度でひび割れ等が発生します。
こういった状態になると、パネルなどの裏側に雨水が侵入することになって、シロアリの発生や構造体の腐食原因になります。

 

シーリング材も塗料と同じように、主成分は合成樹脂なのですが、そのやわらかさを出すためにか素材が含まれています。

 

これは時間が経過すると、析出(プリード)して塗膜がべとつく状態になって、汚れが付着したり、塗膜の割れやはがれを起こすことになります。
そのほか、塗膜がシーリングを引っ張ってはがしたり、溶剤がシーリングを侵すこともあります。

 

外壁塗装の現場でのシーリング材の扱い

 

張り替える時に、シーリング材の部分は塗装しないで、外壁パネル部分の塗装をした上で、シーリング剤を打ち替えることが原則になっています。

 

ただし、劣化が退色レベルの場合ならば、塗装することで、補修できるのですが、塗膜の変色、割れやはがれなどの異常が発生する可能性もあります。

 

こういったときは、外壁塗装業者は、どうやって塗装するのかをたずねてくることもあります。

 

塗装前にシーリング剤を打ってしまうこともあります。そんな時には、養生期間をとって塗装するようにしていることが多く、シーリング材に、可塑剤の意向を遮断するシーラーを塗布して、弾性塗料を塗布することで、ある程度、このような現象を防いでいます。

 

経年劣化でなくても、界面剥離している場合や、シーリング材自体が破断しているような異常があることもあります。

 

界面剥離は、被着体である外壁材とシーリング材が接着不良を起こした現象なので、プライマーの塗布不良やシーリングの材質不良等の原因が考えられたりします。

 

シーリング材が破断する現象は、シーリング材の不良もあるのですが、ジョイント部分の設計不良もあります。

 

塗装じに異常が発見された時に、外壁業者は原因を把握して打ち直しすることもあります。

 

シーリング材の種類

シーリング材には、いくつかの種類のものがあります。回収する時に、塗装性が悪くないポリウレタン系、変性シリコン系のもので打ち直すことが多いです。

 

現場で硬化させるタイプのシーリング材には、硬化剤の作用で硬化させる2性文系のものと、空気中の水分と反応して表面から硬化させる1成分系のものがあります。

 

シーリング材がガスケット状のものについては、合成ゴム系の場合、挿入作業時にひずみが入っている場合や、充填された隙間の大きさが適切でない場合にトラブルがおきます。

 

知人で寸詰まりになったり、浮き上がってシーリングの働きをしなくなってしまうんですね。

 

この場合は、速やかにガスケットを交換する必要があります。

 

外壁の補修が必要なくらいならば、ネットで外壁塗装の見積もりを出しておいたほうがいいです。

 

築16年のマイホームを初めて外壁塗装をした際に、ネットで見積りをしたら、地元の工務店より45万円も安くなりました。

 

最近では少ない入力でカンタンに、地元での外壁・屋根塗装の相場確認ができます。

自宅の塗装をしたらいくらになるか45秒でわかります(無料です)

関連ページ

チョーキングとはどんな現象?外壁で塗装する際には被膜を厚くする
チョーキングとは、外壁を触ると粉がついたようになる現象で、ポリマーが劣化したことによって耐久性が落ちていることになります。外壁塗装では、何度か塗り込むことで、被膜を厚くして修復するのですが、ただ厚くすればいいというものではありません。