屋根塗装の仕方のポイントは乾燥

屋根は紫外線や風雨に直接さらされていますよね。

 

そのため、やはり家の中でも痛みやすい部分です。

 

意識して定期的に点検しないと、劣化に気がつくことすら難しい箇所なんですね。

 

屋根塗装の方法は自分でするにしても、業者がするにしてもポイントは、乾燥時間です。

 

乾燥時間をしっかり取らないと、せっかくきれいな塗料もムラが出てしまうんですね。

 

屋根の塗り替えの目安

屋根の塗り替えの時期の目安としては、やはり見た目から入ります。

 

  • 塗装のツヤがなくなっている
  • 屋根が白くなっている(チョーキング現象)
  • 色落ちしている
  • 屋根が黒ずんでいるように見える、赤茶色になっている
  • コケやカビが発生している
  • 塗装が剥がれ、屋根材の素地が見えている

 

こういった現象が出ているようならば、塗り替えリフォームの検討時期に来ていると判断してもいいですね。

 

屋根の塗り替え手順

 

洗浄する

まずは、高圧洗浄機でホコリやコケを洗い落とします。

 

汚れが付着していると、塗装をしてもすぐ剥がれてしまうので、屋根材が重なっている箇所や、棟部は特に念入りに洗浄します。

 

高圧洗浄で洗い落とせない部分は、ワイヤーブラシなどを使って洗い落とします。

 

洗浄工程は、最低でも2回は行って目視で何度も確認をします。

 

洗浄時は、水しぶきがかなり飛ぶので、近所迷惑にならないように気をつけます。

 

乾燥させる

洗浄ごは、乾燥することになります。

 

この乾燥が不十分だと、塗料にムラが出たり接着が悪くなるので、乾燥時間は24時間以上必要です。

 

劣化部を補修する

錆を落としたり、隙間が空いてしまった部分をコーキングで埋めたり、補修しきれない部分などは交換します。

 

雨漏りの原因になる、軒天ベニアの剥がれなどは、傷みが広がる前に行います。

 

スレート屋根の場合は、スレートとスレートの間に差し込むタスペーサーを取り付けます。

 

タスペーサーは、スレートとスレートの間を塗料が塞いでしまうと、毛細管現象で、雨水が上がってしまうので、隙間を確保する役目をする部材です。

 

養生する

塗装しない部分(鼻隠しや破風板、雨どいなど)に塗料がつかないようにマスキングテープや新聞紙、ビニールやポリシートでカバーをします。

 

場所によっては、隣の家の住宅や車などにもビニールシートをかぶせるなどの養生も必要です。

 

下塗り(シーラー)

シーラーとは、塗料のつなぎをよくするための塗料タイプの接着剤です。

 

痛みが激しい場合は、このシーラー塗りを2回行います。
乾燥時間はおよそ3時間以上です。

 

中塗り

最初に、細かい部分や塗り残しが出そうな部分を小型ローラーで塗装して、平面ぶで広いところは大型ローラーで一気に塗ります。

 

塗装した麺を踏んで足跡をつけないように、塗装順は、屋根頂上から下がりながら塗っていきます。車の洗車の手順と同じ要領ですね。

 

塗料は、容器の底に沈殿していると色むらの原因になるので、しっかりと塗料容器の中でかき混ぜてから塗装します。

 

上塗り

仕上げ塗りは、中塗りから2時間以上経過してから行います。

 

塗り残しがないかよく確認をして、完了になります。

 

屋根塗装に使用する主な塗料

塗料の種類 耐用年数 特徴
フッ素樹脂と量 15〜20年 耐久性がある。価格は高め。
シリコン樹脂塗料 8〜15年

紫外線と汚れが強い。
リフォームの場面で利用されることが多い。

ウレタン樹脂塗料 8〜10年

紫外線に強い。
リフォームの場面で利用されることが多い。

アクリル樹脂塗料 5〜8年 耐久性はあるとは言えないけど、安い。

 


屋根の塗装は自分でDIYをやろうと思えばできなくもないです。

 

日曜大工のつもりで、時間をかけてすることもできます。

 

通販の屋根塗装用のペンキの価格とチェックすると、業者の相場料金と比較すると安いですしね。
屋根塗装の材料の価格を通販でチェック!

 

でも、屋根塗装はどうしても家に足場を組んでいかないとできません。

 

自分で屋根塗装をして、時間をかけるとなると、足場もずっと組み続けていることになります。ブルーシートもですよね。

 

それよりも、業者に依頼して、プロの塗装技術でお願いしたほうが結果的には安上がりです。

 

屋根塗装をするなら、外壁塗装と同時にするのが費用的にもおススメです。

 

地元での厳選された業者から費用見積もりをすぐにもらうことができます。

自宅の塗装をしたらいくらになるか45秒でわかります(無料です)

関連ページ

屋根をリフォーム主な種類は3つ|火災保険で費用ができるかも検討したほうがいい
屋根をリフォームする種類は主に「塗り替え」「重ね葺き」「葺き替え」の3種類があり、最も利用されていて安価にすむのが塗り替えです。火災保険を利用して費用を捻出することもできる可能性があるのが、屋根のリフォームです。