品質保証だけでは塗装後も安心できない

どうなったら保証されるかが重要

 

塗装工事は、極端な話、たとえ質の悪い仕事をしても塗ってしまえば、その時点ではどれくらい悪くても、すべて検知ができないという特性があります。

 

塗り替え塗装の品質は、塗装後の仕上がり品質と、長期的にどれくらい耐久性能があるかが評価されることになるので、5年や10年の品質を保証されているかはとても重要ですね。

 

一般的に、製品の仕上がり結果について、消費者に品質保証をするときには、「バスタブ曲線」というもので表されます。

 

バスタブ曲線

 

外壁塗装の場合は、適切な塗装が行われていなかったら、塗装後の一定期間に異常が発生したり発見されます。

 

この現象が「初期故障」と言われるものです。

 

塗装するときに、塗装選択の間違いや下地処理をうまくしていないとか、作業のミスが要因になって発生します。

 

この初期故障の期間が過ぎると、塗膜に異常が出てくることは少なくて、発生したとしても何らかの偶発的な要因によることが多いです。

 

逆に、初期故障期間が過ぎたならば、その後は故障が少ない安定時期に入ります。

 

その後、10年程度経過すると老朽化して、顔料の退色や塗膜のクラック、チョーキングが発生して、塗り替えを必要とする時期がやってきます。

 

こういったパターンが多いので、塗り替え塗装をだいたい10年サイクルに設定して、初期故障を超える一定期間を品質保証することがあります。

 

最近の外壁塗装での保証体制

外壁塗装の品質保証条件

 

最近、塗料メーカーや訪問販売系業者、リフォーム業者が戸建塗り替え事業に参入してくるようになってきたこともあって、5年保証は普通になりました。

 

今までの一般的な保証水準は、保証期間内に、施工範囲にあるような瑕疵(かし)が発生して、その瑕疵を塗装業者が確認したら、免責条件に該当する場合を除いて、無償で補修することが約束されていますね。

 

「瑕疵」というのは、通常の注意をもってしても発見できない故障、というものです。

 

最近では、これに加えて、高耐久性塗料を使うことによって、保証期間が長期化する傾向があって、塗膜については10年保証する業者もあります。

 

外壁塗装の保証内容と期間

  • 塗膜の異常なふくれ・割れ・変退色・チョーキング5年
  • 塗膜上の等しいかび・藻2年
  • 金属下地材のひとしサビ2年

 

品質保証が免責される条件

  • 通常予測されるものとは全く異なる使用方法や管理方法に起因する瑕疵
  • 注文者、入居者または第三者による故意または過失による瑕疵
  • 施工業者が関与しない工事に起因する瑕疵
  • 自身その他自然災害に起因する瑕疵
  • 天災その他の事故に起因する瑕疵
  • 建物所在地が海・火山・工場等の近くの影響を受けたと判断される瑕疵
  • その他不可抗力に起因して施工者に責任がないと判断できる瑕疵

 

外壁塗装の保証で問題になる場合

 

「外壁塗装を保証する」といって、保証というだけであれば簡単なのですが、その保証ができる根拠を深く掘り下げるとその技術的、論理的な根拠はあんまりなくて、営業的な姿勢だけが先行して、特に管理体制が伴っていない状態です。

 

それは、塗料メーカーから供給される製品は、液状のもので、いわゆる半製品と呼ばれるもの。

 

メーカーの意図した通りに施工することで、その設計された性能が発揮できるのですが、様々な現場環境の中で行う塗替え作業については、守ることが難しい場合が多いからです。

 

品質の良し悪しに影響を与える要因の6割を現場作業に関わる要因が占めると言われています。

 

「塗料の組成」よりも、「施工」に関わる要因の方が、もっと寄与率が高くて、「品質を保証しうる、しっかりとした施工を行える体制」がおそろかにあっていたりするんですね。

 

もし、外壁塗装の保証を大々的にうたっている業者がある場合には、

  • 施工時の検査、工事完了検査が実施されていること
  • 工事内容の記録と管理がしっかりされていること

をしっかり注目して契約することですね。

 

家の壁を塗装するのに相場を調べるには、インターネットでカンタンに、地元での外壁・屋根塗装の相場がわかります。

 

ストレスフリーで、しかも信頼できる業者の見積もりが取れ、一般より安く行うことができます。

自宅の塗装をしたらいくらになるか45秒でわかります(無料です)

関連ページ

塗装職人が教えるトラブルにならない業者
外壁塗装・屋根塗装の業者を選んでから実際に塗装を始めるとトラブルが起きることがあります。塗装職人からみた悪い業者といい業者の見分け方を紹介しています。